支援団体support

特定非営利活動法人 ひまわりらぼ

特定非営利活動法人 ひまわりらぼ

こどもの心の居場所を作る

NPO法人ひまわりらぼは何をするのか

LINEを活用し子ども達が24時間365日SOSを出せる

全国でさまざまな支援団体が毎年立ち上がり、何とか少しでも子どもたちを救おう、支えようと活動をされています。

子ども達の立場に立ってみると、支援してくれる団体は多ければ多いほどいいと思います。と同時に身近に親身になってくれる大人がいる事を知って欲しいと強く願っています。

しかしながら、たくさんの支援窓口がありその情報を発信する仕組みもあるのに、なかなか子ども達に届いていない現実があります。

私たちはどうしたら子ども達に助けが届くのか考えました。

そして、すでに日常の中に入り込んでいるLINEを使って子どもたちのSOSを受け止められる仕組みを作ることにしました。

たくさんの団体がLINEを使ったカウンセリングを始めてはいますが、カウンセリングを受け付けている時間が短かったり、日にちも限定されていたりと、受ける方のマンパワーの問題もあり、なかなか面で網羅することはできていないのが現状です。

私達ひまわりらぼは、LINEを活用し子ども達がSOSを出せる、出しやすい仕組みを地元の方々とチームを組み、地元に合ったやり方で子どもたちを救う – 24時間365日、命を守る仕組みを作りあげたいのです。

仕組みは大人が動きやすいように作るのではなく、あくまでも子どもの目線。

どのようにしたら子どもが求める時に求める手を差し伸べられるか、自分が苦しい時に「助けて」「もう我慢できない」「お腹すいた」「痛いよ」が言えて「大丈夫だよ」を言ってあげられる大人の集団になるかを考えました。

子どもの苦しみや悲しみに、休日も夜中もないのです。

誰にも助けを求められずに求める術すら知らなくて、自ら命を落とす子どもは一人も、一人も出したくないのです。

何も食べられない日が何日も続いたり、何日もお風呂に入っていない、着替えもしていない子が「助けて」が必要な時に言える場所を作るのです。

泣かなくてもいいことで泣く子を一人でも無くすこと。背中をさすってあげるお母さんの「ひまわりのような笑顔」を教えてあげたいのです。

支援内容
下記の内容でお困りの方の支援を行っています
募集している物資・支援
下記の物資・支援の提供を求めています
目指していること・夢・目標

虐待死0、児童生徒の自殺者0の世界に

子どもたちが笑顔いっぱいでいられる社会、虐待死0児童生徒自殺者0の社会は夢なのでしょうか。
いいえ、そこを目指して一つ一つ積み上げていく限り、時間はかかるかもしれないけれど目標は必ず叶うと信じています。
諦めたらそこでおしまい。時間がかかったとしても、私が天に召されても志を同じくする仲間たちが、その思いを繋いでゆき、決して諦めないで進んで行けばいつかその日は来るかもしれない。諦めない限り可能性は0ではないから。
だから、決して諦めない。絶対に諦めません。

地図