支援団体support

NPO法人プロミスキーパーズ

NPO法人プロミスキーパーズ

ホームレスに愛の手を

私たちの活動目的
貧困者が路上生活に陥るのを防ぐ
生活に困っているひと
お家がない人
食べるものがない人
生きることに困っている人
話を聞いてほしい人
悩んでいる人
どのような方でも助けます

募集している物資・支援
下記の物資・支援の提供を求めています
支援活動のきっかけ、なぜ支援をしようと思ったか

沖縄ベタニヤチャーチは1999年11月に建て上げられ、「鍵をかけずに24時間、門戸を開き、いつでも人々を助ける教会」として、「弱い人、貧しい人、そして苦しんでいる人々に愛の手を」という信条を掲げ、ホームレスや精神的な病を抱えている人たちを教会に住まわせサポートすることになったのが始まり。

徐々に生活する人は増え始め、教会活動として受け入れが限界となった。

社会的に活動を行うため、NPO法人プロミスキーパーズを設立し、現在までホームレス、刑務所出所者や生活困窮者、母子家庭の緊急宿泊所の提供など生活の拠点となる受け入れ支援などを行っています。

目指していること・夢・目標

制度や施策の隙間、いわゆるセーフティネットからこぼれ落ちた方々が居場所を無くして相談に訪れる。

相談の内容は多岐に渡り、困窮の課題は複雑に絡み合っている。こうした問題を問題ごとに分けてケアできるチームや組織を専門に合わせて立ち上げ、一括した支援を行えるようになりたい。

課題だと感じていること、みんなに気づいて欲しいこと

貧困は無くなることはなく、支援にゴールはない。

だからこそどのような時代でも弱い人や貧しい人に手を差し伸べることに関心を失ってほしくないと思う。

地図